<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

比良散策

前回の比良散策投函から一週間が過ぎました。
この癒し散策を忘れない為にも、しっかり書き留めておかないと。。。という事でお久しぶりの投函です。

美味しいランチ、ケーキの後は”癒しの空間”ギャラリーサラへ。

a0262197_1635624.jpg


こだわり尽くして作られたギャラリーの空間に居るだけで癒されます。真ん中のガラス張りの中庭には、芝生で覆われた小さな丘。

a0262197_1681157.jpg


数々の作品を観賞後、行き着く先は、、、中国風の喫茶。静かな空間で、丁寧に入れられた中国茶と小さなスイーツをいただく、贅沢な午後でした。
[PR]
by momogonn | 2013-07-31 16:24 | 日本 | Comments(0)

涼をもとめて

暑い日本。分かっちゃいるけど口から出てくる言葉は「暑い、暑い。。。」
そんな現実から逃避すべく、気の合う友だちと比良散策へ。比良はいわゆる関西の軽井沢。(←私が勝手にそう呼んでいるだけです)

訪れたのはパンがおいしいカフェ「Coup Franc クウ・フラン」。

a0262197_20563111.jpg


日本家屋のそのお店は、涼しい風が吹き抜け、暑い京都とは大違い。冷静スープから始まるプレートランチをいただいた後。。。

a0262197_2056717.jpg


なんと!友だちがサプライズで私の誕生日をいわってくれました。とっても美味しい桃のケーキ。きっと5,6人分のホールケーキ。スポンジと生クリーム、桃のバランスが絶妙!3人でぺろりと完食してしまいました。何歳になってもお誕生日を祝ってもらうのは嬉しい事です。お腹と心をチャージ!その後は、その他の感性をチャージしに、比良散策は続くのでした。。。
[PR]
by momogonn | 2013-07-23 00:19 | Comments(0)

夏のお菓子作り

夏のお菓子作りの留意点は焼き時間が短いお菓子を選ぶ事。つまりオーブンを出来るだけ使いたくない。

そんな条件を満たしてくれるうちの家の夏の定番、グレープフルーツのジュレ。夏場は冷蔵庫に常駐というのが当たり前だったのに、先週はちょっと浮気をしてジュレでなくてタルトを作ってしまったので、今度は今年初、三度目まではいかず二度目の正直といったところでしょうか。

a0262197_19144117.jpg


そして、なかなか成功しないマカロンにも挑戦。ホント、小さくて可愛いのに扱いにくいお方です。焼き時間が短いのは良いのですが、挟むバタークリームにはバターがこれでもか!というくらい入り、カロリーを気にする方は食べるのを控えた方が良いでしょう。(私はもちろん食べますよ!)

a0262197_19161786.jpg


今日は、ごまのマカロンかい?と側から質問をされながら、間違えて胡麻を入れちゃったかな?と思うぐらい見た目は胡麻。でも紅茶のマカロンです。一口食べると紅茶の香りが口中に広がります。ピエは出る様になったものの、焼きが甘くまだ頼りないマカロンになってしまいました。さぁ、この夏でマカロン作り、マスター出来るかな?
[PR]
by momogonn | 2013-07-19 22:06 | Comments(0)

祇園囃子

この時期になると激しい暑さと湿気、そして祇園囃子。まさしく京都の夏です。
7月始めから始まった祇園祭は、7月半ばになると街中に鉾がたち、一気にお祭りムードが高まってきます。
今日は三連休の最後の日、そして、珍しく心地の良い涼しい気温も手伝って街中、人人人。。。

a0262197_1951221.jpg


京都に遊びに来た友だちに会いに、人が多い事を覚悟して祇園祭まっただ中の街中へ。

a0262197_19514458.jpg


やっぱり甘い物は欠かせない。祇園祭とは全く関係のない、くるみが大量に入ったくるみのパウンドケーキ。

a0262197_2054528.jpg


そして、やっぱり夏だし、アイスクリーム。生クリーム、牛乳、卵黄、砂糖で作ったシンプルアイスクリームは市販の物と比べてこってりまろやか。これを食べたら、もう、他のアイスクリームを食べる気がしないや。。。
[PR]
by momogonn | 2013-07-15 20:09 | 日本 | Comments(0)

夏のタルト 

暑い毎日、少しでも涼しく過ごそうと、色々な事を試してみるものの、この暑さの前では焼け石に水。こんなに暑くて甘い物は食べたい。スイーツ好きの性でしょうか。

でも、こってりスイーツはご勘弁という事で、さっぱりグレープフルーツのジュレでも作ろうかと貯めているレシピ集をぺらぺらとめくっていくと。。。「グレープフルーツのタルト」のレシピを目にした途端、私のお腹はもうジュレではなくタルトを求めている〜という事で、暑いのにオーブンを使ってタルト作り。

a0262197_19374045.jpg


本来なら、白とルビーの2種類のグレープフルーツを使う所ですが、うちの冷蔵庫にはルビーしか無く、仕方なく真っ赤なルビーのタルトの完成。瑞々しいグレープフルーツのタルト。どうしても時間が経つとタルト部分もしっとりしてきます。だから、さっくりのタルトが好みの私は、今日限定のこのタルト。まぁ、私にかかればその日のうちに消費なんて余裕でしょう。
[PR]
by momogonn | 2013-07-11 19:48 | Comments(0)

焼き菓子大量生産

本格的に暑くなってきました。気休めだと分かっていながら、イギリスの気温をチェックしてしまう毎日。この様な気温だとオーブンを使う様なお菓子作りは避けたいのが本音。でも、お世話になった人にプレゼントするためにと大量の焼き菓子を頼まれ、暑いと分かっていながら快く受け付けてしまいました。

a0262197_21592247.jpg


グラニテを表面にたっぷり振りかけたブラウニー、オーバルの形をしたフィナンシェ、そしてバターたっぷりにガレットブルトンヌ。

a0262197_220234.jpg


ガレットは生地を冷蔵庫で一晩休ませないといけない為、前日の夜に仕込み。オーブンは午前中フル稼働。外の気温は35℃越え。

とってもバター率が高いガレット。こんな気温の日に、扱いにくいお菓子を選んだのは何故だろう??と自分の決断を疑いながら、体温の高い、職人には向かない暖かい手を持つ私にとって、このような暑い日にガレットを作るのは至難の業。

焼き上がって一つ一つ袋詰め、出来上がりました!その晩には、「大変、好評でした!お店したはる人が作ったの?って聞かれたよ。」というお言葉をいただき、暑さと疲れが吹っ飛びました。この暑さを忘れ、またまた誰かにプレゼントする為に何か作りたくなった私でした。
[PR]
by momogonn | 2013-07-07 22:14 | Comments(0)

稲妻スイーツ

シュークリームと似たスイーツエクレア。形が細長くなっただけでスタイリッシュに感じるのは私だけでしょうか。

シュークリームは100%失敗無しで作る事が出来るのに、エクレアの方はいつもパットしない出来。長過ぎたり、太すぎたり、スタイリッシュとはほど遠い代物。。。

a0262197_1135230.jpg


そこで、青木定治のレシピの通り、忠実に作ってみると。。。何だ。こんなに簡単なのかと。

エクレールとはフランスの稲妻という意味。シュークリームの様な可愛い名前ではなく、形が違うだけでこんなにもイメージが変わるものなのかと。表面のひび割れが稲妻みたいだからなどなど諸説ある様ですが、フランスのパティスリーではシュークリームよりエクレアが主流です。緑のスイーツと言えば、抹茶、よもぎと連想するだけでよだれが出そうになりますが、フランスでは近年、そのような和風の食材が広く知られるようになりましたが、イギリスではまだまだ。。。緑と白を混ぜた黄緑にも満たない食欲が無くなりそうな色のアイシングのケーキが売られていたり。。。日本の古来からのこれらの緑の食べ物?世界でも認知されるようになりたいものです。
[PR]
by momogonn | 2013-07-03 11:14 | フランス | Comments(0)

カフェ巡り

週末のお楽しみの一つがカフェ巡り。
少し遠出して長岡京のカフェを訪れました。

a0262197_821735.jpg


マリアージュフレールのマルコポーロをメニューの中に見つけて即決。そしてケーキはルバーブのタルト。

a0262197_8272013.jpg


タルトのプレートが何と!イギリスのBurleighのプレート。そして紅茶にはちゃんのミルクが付いています。なんと!イギリス風。そうなんです。イギリスでは飲み物にも普通の牛乳を入れるのです。フランスの紅茶をイギリス風にミルクティーでいただき、プレートはイギリス。

フランスとイギリスの融合を楽しめた一日でした。
[PR]
by momogonn | 2013-07-01 08:41 | 日本 | Comments(0)

ヨーロッパの美味しいお菓子や伝統的なお菓子などを紹介します


by momogonn
画像一覧