<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アルザス地方のクグロフ

素朴なアルザス陶器で作られたクグロフ型。ドイツにほど近いストラスブールを訪れると、街のいたるところでクグロフに出会います。この地方はある時はドイツに属し、またある時はフランスに属すという国境に位置する街。だから、今はフランスに属しているストラスブールの人は、昔からフランス人、ドイツ人という国のくくりではなく、ストラスブール人だと主張するのだそう。
a0262197_17595416.jpg
日本では、すっかりおなじみのクグロフ型。でも、この型にパウンドケーキの生地の様な物を詰めて焼いたスイーツは多く見られる物の、アルザスで見られる発酵生地を使った物はあまり見られません。店先で「ちっさい方のクグロフをちょうだい」というと、「粉砂糖は必要?」と聞かれ大きなクグロフの上からさらさらと雪の様に粉砂糖を振ってくれます。それを紙の袋に無造作に入れられ「はい」と渡される。なんと素朴なんだろう。そんな素朴なクグロフが食べたくなり、自分で作ってみました。
a0262197_184534.jpg
イースト菌の活躍により生地が大きくなる発酵生地なので、発酵させる時間が必要、焼き上がりまで時間を要します。根気よく発酵させるとフッワフワの生地が出来上がり、ラム酒付けのドライフルーツを練り込みクグロフ型へ。
a0262197_184561.jpg
もちろん仕上げはアルザス風に粉砂糖を振りかけておめかしです。
[PR]
by momogonn | 2014-11-30 17:00 | フランス | Comments(0)

ウィーンのアップルパイ

a0262197_16292953.jpg

アップルパイはアメリカ人にとってお母さんの味なのだそう。日本で言うと肉じゃが?でもこれはおかずか。。。アメリカだけでなく、ヨーロッパの国にもアップルパイはありますよ。有名なのはウィーンのアップルパイ “アプフェルシュトゥルーデル”です。
a0262197_16292763.jpg
薄〜く薄〜くのばした生地に、リンゴの小さく切ったもの、パン粉、シナモンシュガー、レーズンを混ぜたフィーリングを入れ焼いた物です。パリパリの生地と熱っつあつのリンゴの甘さがたまらない一品。
a0262197_16292445.jpg
実は、オーストリアのシェーンブルン宮殿の一角でアプフェルシュトゥルーデルの作り方を教えてもらえるのです。宮殿見学を終えたら、スイーツ教室の時間。試食付きで嬉しさ倍増です。
a0262197_16291910.jpg

大きなデモテーブルの上で生地を薄く大きく手際良く広げて行くその様子はさすがです。「ほら、生地の後ろにパンフレットを隠してもパンフレットが見えるでしょ。これくらい薄くのばすのが美味しさのコツよ。」とおしゃべりしながらぱぱっとちゃちゃっとアプフェルシュトゥルーデルが出来上がって行きます。
a0262197_16292260.jpg

最後には日本語のレシピも頂き、お家でもこの美味しさを再現出来ることは、スイーツ好きにとってとても嬉しい限りです。
[PR]
by momogonn | 2014-11-29 16:45 | オーストリア | Comments(0)

芋モンブラン

サツマイモ、栗と美味しい物がたくさんの実りの秋。美味しいのだけれど張り切ってこれらを使ったスイーツを作ると重たいスイーツになりがち。軽やかに!?この美味しい秋の実りをスイーツにするにはモンブランが一番です。
a0262197_2232591.jpg
パリ風のモンブランはメレンゲをベースにした軽やかな物。上には黄色の和栗ではなく、茶色の洋栗が合います。残念ながら洋栗がなかったため、サツマイモで代用です。裏ごしをしたサツマイモペーストにラム酒を効かせ、メレンゲの上に生クリームを飾った物の上に絞ると、栗より合うのではないかと思われるくらい美味な芋モンブランに。しかし、見た目はお化けの様。。。
a0262197_22315966.jpg
しかし、芋と付くだけで何故もっさりしたイメージになるのだろうか。それでも芋好きな私は芋に目がないのでした。
[PR]
by momogonn | 2014-11-25 22:46 | 日本 | Comments(0)

和製ロールケーキ  〜スイスロール〜

a0262197_2233564.jpg

スイスロール。その名はあるパン製造会社が作ったロールケーキの名前だと長年思っていた私。この歳になって、それが、他の国でも通じると知りました。スイスのルーラートというお菓子に似ているからそのような名がついたとも言われるこのお菓子は、シンプルなのがうけたのか、古くから日本では親しまれています。
a0262197_2222218.jpg
今日は、抹茶風味のスイスロール。抹茶風味の生地に、抹茶のババロアを巻き込みました。独自の発展を遂げたスイスロールはアレンジ自由。松山の名菓、タルトには柚子風味のあんこが巻き込まれています。シンプルにクリームシャンティーを巻き込んでも、カスタードを巻き込んでも美味しいスイスロール。実は私はこのお菓子を作るのが苦手なのです。しかし、家族によくリクエストされるお菓子の一つでもあります。ここら辺で、苦手を克服する為にスイスロール月間でも、もうけようかしら。。。
[PR]
by momogonn | 2014-11-20 22:12 | 日本 | Comments(0)

芋パイ

芋パイ。。何てもっさりしたネーミングなんでしょう。昨日、急に折り込みパイの生地を作りたくなり、夜な夜な生地を折り込み、冷蔵庫で寝かせの繰り返しを数回。その生地が今日、活かされました。芋パイを作るのに。。
a0262197_222495.jpg
大量のサツマイモペーストをもらったので、どうしたものかと困り果て、作ったのが芋パイ。でも、サツマイモペーストだけを入れるのではあまりにも芸が無い。そこで買い込んでいる紅玉を使う事に。紅玉のコンポートとその汁を入れ、シナモンを効かせ、ペーストに練り込む。
a0262197_2221091.jpg
喜んで、生地を折り込みすぎて、層が出来まくってしまいました。味は上々。100%創作スイーツですが、なかなか美味しかった。レシピとにらめっこしながら作るスイーツも嫌いじゃないけれど、やはりオリジナルスイーツを考えるのは楽しいな〜
[PR]
by momogonn | 2014-11-19 00:01 | 日本 | Comments(0)

焼き菓子大成功

以前、シンプルな焼き菓子こそ難しいと嘆いていましたが、ついに!解決?成功?しました。その名もマドレーヌ。とっても有名な子です。
a0262197_21531424.jpg
今回は真ん中にポッッコリとデベソが出来上がって上出来です。欲を言えば、もう少しレモンの風味を強く付けたかった〜と思うのですが、見事なデベソマドレーヌです。
a0262197_21531777.jpg
週末に焼き菓子をまとめて焼いておくと、その週は甘い物を欠かさず美味しく食べられるので、大量焼き菓子製作です。ココア味のマーブルと、たっぷりのオレンジピールが入ったオランジェ。オレンジとココアの相性はばっちりなので、次回はこの二つの味を一つに組み合わしてみようと企み中です。
[PR]
by momogonn | 2014-11-16 21:59 | フランス | Comments(0)

秋の恵み さつまいものタルトレット

タルトレットの型を買ってから、様々なタルトレットに挑戦し続けています。昨今、王道スイーツといえばフランススタイル。
a0262197_21495034.jpg
フランススイーツを知れば知る程、ヨーロッパの国々、お互いに影響しあっていることが分かります。このレモンのタルトもどちらが由来か分かりませんが、メレンゲがタップリ飾ったイギリススタイルと酷似しています。

a0262197_21494429.jpg
ヨーロッパスタイルもいいけれど、日本で手軽に入る食材で美味しいタルトレットを作りたいな〜と思い、この季節作るのがサツマイモのタルトレット。サツマイモそのものが大好きな私が嫌いな分けないサツマイモのタルト、中のクリームにサツマイモを練り込み、表面にはシナモンを効かしたグラニテを振りかける。
a0262197_21494729.jpg

見た目はとっても地味。でも、この子、なかなか出来る子なんです。とっても美味しいのです。
[PR]
by momogonn | 2014-11-11 22:05 | 日本 | Comments(0)

ティールーム巡り

最近バタバタと忙しくしておりました。一人で美味しい紅茶を飲み、まったりしたいと思いつつ、なかなかそんな時間を持つ事ができないでいました。今日、ようやく少し時間が取れたので、以前から気になっていたティールームへ。
a0262197_2192838.jpg
街中にあるのに、お店に入ると街の喧噪を忘れさせてくれる空間が広がっていました。
a0262197_2192495.jpg

多すぎない量で、一番上のプレートには種類豊かな小さなスイーツが並んでいます。お口直しのラム酒付けされたスイーツと生クリーム添えがなかなかいけました。やはりまったりスイーツ時間は私にエネルギーを与えてくれます。
[PR]
by momogonn | 2014-11-08 21:18 | イギリス | Comments(0)

手軽タルト バナナのタルト

a0262197_18512048.jpg
お菓子作りをしていて大変なのが、以外にも材料を揃える事。洋梨やグリオットチェリーなど日本では馴染みのないものが多く、そこらへんのスーパーでは手に入りません。

今日はどこにでもある、家に絶えずあると行っても過言ではないバナナを使ったタルトを作りました。材料の心配が無くとっても手軽です。
a0262197_18523670.jpg
それだけではなく、とっても美味しいのがもっとうれしい。
a0262197_18524140.jpg
バナナだけではあまり口にしない私ですが、ケーキに入れるとバナナがより美味しく感じられるのは、やはり私は根っからのスイーツ好き?なのでしょうね。
[PR]
by momogonn | 2014-11-03 19:08 | フランス | Comments(0)

町並みにとけ込むカフェ

ヨーロッパの都市は教会を中心にして作られているのでしょうか。街の中心に大きな立派な教会があることが多いのです。
a0262197_210331.jpg
ウィーンもそうでした。立派なシュテファン寺院が街の中心部にあり、そのまわりにたくさんのカフェがありました。
a0262197_210734.jpg
王室御用達のK&KのカフェゲストナーGerstnerもこの近くにあります。伝統的なウィーン菓子が並ぶこのカフェは、博物館の中にも店舗を構え、数えきれないケーキがショーケースを埋め尽くしています。
a0262197_2101097.jpg


江戸末期1840年からの歴史を誇るハイナーHeinerも歴史を感じるカフェの一つ。
a0262197_210558.jpg
シュテファン寺院から一筋入った小道に面したこのカフェは思い歴史のカフェなのに、さほど主張せず街にとけ込んでいます。町並みも店に負けず劣らず歴史を感じる趣だからでしょうか。ウィーンの歴史を感じる一こまです。
[PR]
by momogonn | 2014-11-01 21:19 | オーストリア | Comments(0)

ヨーロッパの美味しいお菓子や伝統的なお菓子などを紹介します


by momogonn
画像一覧