<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ガレットデロワ Galette des rois

今年もこの日がやって来ました。ガレットデロワを食べる日です。いや,公現祭です。
a0262197_17501574.jpg
旧暦の1月6日つまり今日,キリスト教の公現祭なのです。イエスキリストはご存知の通り12月25日に誕生しましたが,世間にキリストが誕生したよと広く知れ渡ったのが今日,1月6日だったとか。

今の世なら,ネットで数秒で情報が拡散しますが,この時代には東方の三博士が徒歩でベツレヘムにやって来て,キリストを謁見したのでしょう。

a0262197_17495126.jpg
ガレットデロワの中に隠れているフェーブを当てた人は今年1年間幸運に恵まれると言われています。今年のガレットデロワは,アーモンドを入れました。フェーブを噛んで歯が欠けても困るので。。。

直訳するとフェーブとはそら豆という意味だとか。そら豆の形が退治に似ているからか,豆は命の象徴だとか。私は赤ちゃんの御包みに似ていると思うけれどね。命を引き当てるんだもの、そりゃ1年間幸運ですよね。

私は残念ながらフェーブ(アーモンド?)を引き当てられなかったけれど,ガレットデロワを食べた事だし,今年一年,良い年になりそうです。





[PR]
by momogonn | 2016-01-06 18:12 | お菓子の由来 | Comments(0)

ギモーヴ Guimauve

 ギモーヴ。最近、この名をちょくちょく聞かれる様になってきましたが,一昔前はマシュマロという名でおなじみのフワフワで甘いこの子。簡単に言えば,マシュマロは英語,ギモーヴはフランス語です。フランス菓子が日本で浸透して来た昨今。ギモーヴという方がしっくり来る様な気がします。
a0262197_16052114.jpg
意外にも,このギモーヴ、喉の薬として重宝されていた植物(ウスベニタチアオイ)から来たものだとか。古代エジプトでは咳止めとしてこの植物の根をすりつぶして蜂蜜と一緒に食していたそうです。
a0262197_16052427.jpg
この植物を使って美味しいお菓子に変身させたのがフランスの職人さん。後に植物の代わりにゼラチンを使う様になって今のギモーヴの製法が確立されました。

大量の砂糖を使うのでコワくて作れなかったギモーヴ。カシスのピューレを使って作ったギモーヴは甘いだけでなく酸味もあって何個でも食べられます。


[PR]
by momogonn | 2016-01-05 12:00 | お菓子の由来 | Comments(0)

Paris-Brest パリブレスト

シュー生地をベースにクレームムスリーヌ(カスタードクリーム+バター)にプラリネを加えて仕上げるパリブレスト。
a0262197_18365944.jpg
パリとブレスト間で行われる自転車レースから生まれたと言われているこのお菓子は,自転車の車輪を模したと言われています。

この自転車レース,約1200kmも走るのだそう。自転車好きの私でも1200kmってキツい。。

そんなキツいレースに挑む選手が少しでもエネルギーをチャージ出来るようにと、クレームにプラリネを入れたのだとか。

しかし,お菓子の由来は諸説存在するのがよの常!?
a0262197_18393346.jpg
パリとブレスト間に開通した鉄道の開通を記念して,鉄道の車輪を模した物とも言われている。
a0262197_18393600.jpg
自転車レースが1891年。鉄道開通が1909年。

これを見るだけでも先の自転車レースの方が有力か?と思いますが。。。

このお菓子を作った「メゾン ラフィエット」のパティシエ,ルイ ヂュランに真相を聞くしかありませんね。

[PR]
by momogonn | 2016-01-03 18:40 | お菓子の由来 | Comments(0)

年初めスイーツ

お正月2日目。デパートやその周辺のお店も今日から開店。セール開始です。イギリスで言うboxingdayのような日ですね^ ^
年末年始のお疲れの胃をほぐす?ためにセールの様子を見に行きました。
a0262197_18243117.jpg

お気に入りのお店の長蛇の列を見ると疲れ倍増。身体が甘いものを欲しています。
a0262197_18243135.jpg

お昼の時間だということもあり、いつも待たなければ席に座れない、サロンドテに待ち時間0で入れました。フランボワーズのソースのかかったホワイトチョコのブルレも美味しかったし、今年もたくさんの美味しいものと出会えそうです。

[PR]
by momogonn | 2016-01-02 18:10 | 日本 | Comments(0)

お正月

明けまして おめでとうございます。今年のお正月はよ天気で気持ちのよい一日になりました。
a0262197_18014609.jpg
おせちを食べた後,さぁ、何か甘いもの。。と思ったのですが,年末は,おせちを作るので精一杯で、スイーツまで用意していませんでした。なければ,余計に食べたくなる。。戴きものスイーツは今の私の口には少し合わない。。。

ということで正月から作っちゃいました。フィナンシェ。なぜ、フィナンシェ?理由は只一つ。簡単に素早く作る事ができるから。正月から行き当たりばったり。そんな一年になりそうです。


[PR]
by momogonn | 2016-01-01 18:08 | 日本 | Comments(0)

ヨーロッパの美味しいお菓子や伝統的なお菓子などを紹介します


by momogonn
画像一覧