<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ダックスの街のダッコワーズ

日本のお菓子屋さんでよく目にするダッコワーズ。これ、和菓子の最中から発想を得て日本人が作り出した物なんです。
a0262197_11274318.jpg
パリではこのダッコワーズ生地(パートシュクセ)はお菓子の一部として利用されます。なので,日本のダッコワーズを目にする事はほとんどありません。
a0262197_11213075.jpg
ダッコワーズ生地はフランスの南西部の街ダックスで作られたダッコワから由来します。ダッコワはダッコワーズ生地にプラリネのバタークリームを挟んだお菓子。日本のダッコワーズよりサイズは大きめですが,組み合わせは同じです。
a0262197_11213421.jpg
味はフランス風。形は和風。フランス菓子から日本菓子へ。和菓子とは違った日本菓子という分野ができてもいいかもしれませんね。



[PR]
by momogonn | 2016-03-28 09:00 | 日本 | Comments(0)

フランス伝統スイーツ

伝統スイーツ特集。第二弾。今回はフランスの伝統スイーツです。Tarte aux pommesリンゴのタルトです。このような素朴なタルトはフランスのママの味の代表だそう。今日はパティスリー オ・グルニエ・ドールの西原氏のレシピで作ってみました。
a0262197_00570521.jpg
パートブリゼの中にスライスした紅玉を生クリームに浸して並べるだけ。そこに砂糖、バターをふりかけ焼くだけ。簡単!おいしい!いい事尽くめ。
a0262197_01021967.jpg




[PR]
by momogonn | 2016-03-27 09:00 | フランス | Comments(0)

日本伝統スイーツ

最近、甘い物の総称として”スイーツ”という言葉をよく使われます。日本古来のスイーツ、和菓子。外国からやって来たスイーツ、洋菓子。でも、その両方に当てはまらない物が存在するのも事実です。洋菓子の部類に入るのだけど,日本で発展した洋菓子もあるのです。その代表的なのが苺のショートケーキ。
a0262197_00280494.jpg
エッ!日本発のスイーツ?そうなんです。シャンティー(生クリームを泡立てたもの)と苺そしてスポンジで組み合わせたこのケーキはフランスではお目にかかれません。日本のケーキなのです。
a0262197_00315083.jpg
シンプルだけど,ジェノワーズ生地と生クリーム,そして甘酸っぱいいちごの絶妙なコンビネーション。なかなか難しいのです。このシンプルかつ難しいショートケーキ。完璧に作れる様になりたいな。



[PR]
by momogonn | 2016-03-26 23:34 | 日本 | Comments(0)

レ ミゼラブル

ベルギーのお菓子。レミゼラブル。名前の通り「貧しい」という意味から名付けられたお菓子です。
a0262197_21162206.jpg
クレームアングレーズベースのバタークリームをダックワーズ生地で挟んだお菓子。クレームアングレーズはカスタードの粉類が入っていないバージョン。牛乳、砂糖、卵黄で作るのですが、牛乳の代わりに水を使っている事から貧しいケーキと名付けられました。でも,牛乳より遥かに高価なバニラビーンズを使っているので実際は貧しくはないのですがね。

バタークリームたっぷりなので,味は濃厚。激甘です。小さく切って濃いコーヒーといただきます。


[PR]
by momogonn | 2016-03-20 21:22 | Comments(0)

ヨーロッパの美味しいお菓子や伝統的なお菓子などを紹介します


by momogonn
画像一覧
更新通知を受け取る